<!DOCTYPE html>

dualboot_memo

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.5/latest.js?config=TeX-AMS_HTML"></script>
<!-- MathJax configuration -->
<script type="text/x-mathjax-config">
MathJax.Hub.Config({
    tex2jax: {
        inlineMath: [ ['$','$'], ["\\(","\\)"] ],
        displayMath: [ ['$$','$$'], ["\\[","\\]"] ],
        processEscapes: true,
        processEnvironments: true
    },
    // Center justify equations in code and markdown cells. Elsewhere
    // we use CSS to left justify single line equations in code cells.
    displayAlign: 'center',
    "HTML-CSS": {
        styles: {'.MathJax_Display': {"margin": 0}},
        linebreaks: { automatic: true }
    }
});
</script>
<!-- End of mathjax configuration --></head>

In [ ]:
 

失敗

  • microSDからOSを起動(ブート)-> Biasが感知せず, No Mediaのerror
  • ノートPCのマウスパッド使えずフリーズしたと勘違いして何回か再起動した

windowsの準備

windows

  • windows update -> 更新プログラムのチェック->再起動 ...を二週
  • 詳細オプション -> 更新プログラムを自動でインストールさせない

高速スタートアップの無効化

  • コントロールパネル->システムと...->電源ボタンの...->現在利用化のではない...->光速スタートアップを...のチェックを外す

main pateition

  • Tmpファイルなどを削除->再起動->スタートボタン右クリック->ディスクの管理を起動
  • D:の縮小->縮小する領域のサイズ->0.5TB=512GB*1024=524288MB

swap pateition

usbの用意

format usb

  • SD card Formatterを使用.USBはADATAの8GBUSBを使用.

iso file

bootable usb

  • balenaEtcherでUbuntu.isoをFlash!
  • 2MBの使用あり

bios

セキュアブート無効化

  • ウィルスなどによるブートコードを変更する操作が禁止されるので解除
  • セキュリティ->Secure Boot->Atetmpt Secure Boot->Disabled->Esckey

Fast Boot無効化

  • Boot->Fast Boot->Disabled

CSMモードを有効に

  • Secure Bootを無効にした時はCSMを有効にしておいた方がよい

起動順を入れ替え

  • Boot Option:Hard DiskをDisableに変更
  • メモ:1:CD/DVD, 2:USB CD/DVD/, 3:Hard Disk, 4:USB Hard Disk, 5:Net work
  • UEFI Hard Disk Drive BBS Priorities: 「このコンピューターにはWindows 10がインストールされています。どうしますか?」のような表示がされると思う。そうしたらここで必ず一番下の方にある「それ以外」を選択する

参考 UEFIブートのWindowsマシンにUbuntuをCSMモードでインストールしてはいけない

ubuntu

try ubuntu

  • Try Ubuntu ->error1:firmware bug acpi region does not cover tsponse buffer
  • Try Ubuntu ->error2:couldn't get size 0x800000000....e
  • Try Ubuntu ->error3:busy ignodes on changedmedia or resized disk sdc
  • Biasのacpiが悪さをしているのと, 高解像度過ぎてSwapが不足していると考察.
  • GRUBが表示->ekey押す->カーネルの起動オプションを変更
  • linux /casper/vmlinuz file=... quiet splash --- debian ...
  • linux /casper/vmlinuz file=... quiet splash acpi=off cpi=nomsi nomodeset --- debian ...
  • F10Keyで再起動

install ubuntu

  • language:'english'->keyboard:Japaneese->what apps would...:Normal installation
  • Updates and...にて, Other optionsのDownload updates...はチェック外す(ループバグらしい)
  • Installatuin type->somethong elseにチェック(Winと同じSSDに入る場合は一番上.)
  • Device:free spaceのそれっぽいサイズ選択->+でパテーションを追加
  • Creae partition->size:524288(Windowsで設定した値にした)->Type for...:Primary->Location...:Beginning...->Use as:ext4...->Mound point:/
  • Device for boot loader installation:先ほど追加した/dev/sdb2(UsedがUnknown)
  • 下のまるで次の画面を見て確認->Install Now->後は適当に埋めてく->再起動
  • 先ほどと同様に起動するOSの優先をUbuntu一番にする.

grub kernel

  • 先ほどと同様にカーネルの起動オプションを設定して起動->以下の操作
  • sudo vi ~/etc/default/grub
  • GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"->"quiet splash pci=nomsi nomodeset"
  • GRUB_CMDLINE_LINUX="" ->"pci=noaer"

dual boot

custom

  • sudo apt update and sudo apt upgrade
  • sudo apt install ukuu->ukuu-gtk->Linux5.0.0を選択
  • sudo apt-add-repository -y ppa:teejee2008/ppa
  • sudo apt install git
  • amixer sset Master off
  • sudo apt install -y git
  • sudo apt install -y ssh
  • systemctl start sshd

nvidia driver

  • sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
  • apt-cache search 'nvidia-[0-9]+$'
  • sudo apt-get install nvidia-384

参考 MSI製ゲーミングノートに機械学習環境を構築する時の罠と対策 【GS65 GTX1070】 ドスパラ製ゲーミングノートにUbuntuを入れる時の罠と対策 【罠がいっぱい!】ubuntu 16.04 LTS をMSI製ノート(GE62 6QC)にinstall MSI GE62 6QCにUbuntu 16.04をインストールする方法

PyTorch

CUDA

</div>

Raspberrypi Zero WH sound

オーディオ機器用DAC(Digital to Analog Converter)チップ

[参考]Raspberry Pi の HiFi DAC まとめ

  • https://blog.bnikka.com/audio/raspi-dac.html
  • Raspberry Pi は、I2S (Inter-IC Sound)というインターフェースを持っている
  • 音楽データとクロックを同じ芯線に載せて伝送するため精度の高い伝送が可能
  • DAC の音質を決める主役は、何と言っても DAC IC Texas Instruments
  • PCM5101: 106dB
  • PCM5102: 112dB
  • PCM5121: 106dB
  • PCM5122: 112dB
  • PCM5142: 112dB
  • 硬質なくっきりとしたサウンド
  • 下一桁が「2」の型番の方が、ダイナミックレンジが広く、高音質が期待 ESS:
  • ES9023: 112dB: 廉価版の位置付け
  • ES9018Q2C: 121dB: 高級オーディオDAC
  • クリアで空間が広くクセがない 旭化成エレクトロニクス
  • 忠実で繊細で高音質と有名
    Zeroサイズに対応しているもので、マスタークロックモードに対応しているものを探した結果、 Allo の MINIBOSS DAC を購入した。
  • DAC IC:PCM5122
  • 32bit 384kHz対応
  • 水晶発振器2つ搭載のマスタークロックモード(45/49MHz)
  • 高精度で有名な日本製NDKの水晶発振器を採用
  • 完全なミュージックサーバにするため、音楽専用のOSである Volumio2 を導入

[参考]Raspberry Pi とVolumioで最先端オーディオを楽しむ その2 メイン・パーツはI2S-DACボード(Rev.C)

  • I2S-DAC(HiFiBerry+、Volumio2-RC1): 超音波領域の再生も
  • Raspberry Pi 専用に製品が出ている
  • ICの中でMCKを作るPCM5102/5122系のD-Aコンバータ

[参考]Raspberry Pi Zeroで作る、ポータブル・ハイレゾ・オーディオ

[参考]ラズパイ Zero-WH、pHAT-DAC、VOLUMIO で超廉価な ハイレゾ再生機が出来た!(ホットスポットモード) 

[参考]【Raspberry PipHAT DACで音を出す方法とAirPlay対応のやり方

  • www.cg-method.com
  • pHAT DAC: 約1500円
  • pHAT DACの認証確認: sudo aplay -l
  • sudo raspi-configからAdvanced Options>AudioでForce 3.5mm (‘headphone’) jack
  • セットアップは簡単で、下記の一行でオートでセッティングしてくれます。curl https://get.pimoroni.com/phatdac | bash

Raspberry Pi Zero用 ゼロワン ハイレゾDAC拡張基板

Raspberry PiハイレゾオーディオDACボード(PCM5122)対応 外部システムクロックオプションボード ADRPM1801C

  • web販売価格 : ¥2,138
  • 登録日 : 2018.5.15

Cane Interac

words

Navigate blind people visually impaired person safe mobility embedding a camera and a computer

EYECane: Navigating with camera embedded white cane for visually impaired person

EYECane:視覚障害者のためのカメラ内蔵白杖のナビゲート

https://dl.acm.org/citation.cfm?id=1639693

ABSTRACT We demonstrate a novel assistive device which can help the visually impaired or blind people to gain more safe mobility, which is called as “EYECane.” The EYECane is the white-cane with embedding a camera and a computer. It automatically detects obstacles and recommends some avoidable paths to the user through acoustic interface.

我々は、視覚障害者や視覚障害者がより安全な移動性を得るのを助けることができる、「EYECane」と呼ばれる新しい補助装置を紹介します。 EYECaneは、カメラとコンピュータを組み込んだ白い杖です。それは自動的に障害物を検出し、音響インターフェースを通してユーザーへの回避可能な経路を推奨します。

For this, it is performed by three steps: Firstly, it extracts obstacles from image streaming using online background estimation, thereafter generates the occupancy grid map, which is given to neural network. Finally, the system notifies a user of an paths recommended by machine learning. To assess the effectiveness of the proposed EYECane, it was tested with 5 users and the results show that it can support more safe navigation, and diminis

このために、それは3つのステップによって実行される: 第一に、それはオンライン背景推定を使用して画像ストリーミングから障害物を抽出し、 その後ニューラルネットワークに与えられる占有グリッドマップを生成する。 最後に、システムは機械学習によって推奨される経路をユーザに通知する。 提案されたEYECaneの有効性を評価するために、それは5人のユーザーでテストされました、 そして、結果はそれがより安全なナビゲーションをサポートすることができることを示します

REFERENCES [1] Johann Borenstein, The GuideCane aid for the active guidance of blind pedestrians In proceeding IEEE International conference on Robotics and Automation, 1997 視覚障害者の積極的な指導のためのGuideCane援助1997年のロボット工学と自動化に関する国際会議の進行中 [2] Kee-yip Chan, Accessible spaces: Navigating through a marked environment with a camera phone アクセス可能な空間:カメラ付き携帯電話での標識付き環境の移動 [3] Mashahiro Bessho, 2008 Assisting Mobility of the Disabled using Space-Identifying Ubiquitous Infrastructure 2008 スペース識別ユビキタスインフラストラクチャを使用した障害者のモビリティの支援 [4] Iwan Ulrich 2000 Appearance-based obstacle detection with monocular color vision. AAAI Conference on Artificial Intelligence (Austin, TX, july) 2000単眼カラービジョンによる外観ベースの障害物検出

TalkingCane: Designing Interactive White Cane for Visually Impaired People’s Bus Usage

TalkingCane:視覚障害者のバス利用のための対話型ホワイトケインの設計

https://dl.acm.org/citation.cfm?id=2793686

ABSTRACT In this paper, we redesigned a white cane into TalkingCane, an interactive instrument for communication between visually impaired people and the world. Our research goal is to facilitate bus usage by blind people and hence increase their ability to exercise their essential right of accessibility in their daily lives.

本稿では、視覚障害者と世界の間のコミュニケーションのための対話型の機器であるTalkingCaneに白い杖を再設計しました。 私たちの研究目標は、視覚障害者によるバスの利用を促進し、日常生活の中でアクセシビリティの本質的権利を行使する能力を高めることです。

TalkingCane can read RFID chips in braille roadblocks and send location information to the user’s smartphone. In addition, boarding information is sent to the specific bus driver through Seoul city’s bus information system so that the driver can assist the blind person boarding.

TalkingCaneは、点字の障害物に入っているRFIDチップを読み取り、位置情報をユーザーのスマートフォンに送信できます。 また、ソウル市のバス情報システムを介して特定のバスの運転手に搭乗情報が送信されるので、 運転手は視覚障害者の搭乗を支援することができます。

References [1] Korean Blind Union, Study on the behaviour and needs of visually impaired pedestrians, 2015, Retrieved June 23, 2015 from: http://www.kbufac.or.kr/DataTech /View/59 視覚障害者の行動とニーズに関する研究 [2] RI Korea. Traffic sign system for people with visual impairment, 2007, Retrieved June 23, 2015 from RI Korea: http://www.rikorea.or.kr/ 視覚障害を持つ人々のための交通標識システム [3] Pressey, N. 1977. Mowat sensor. Focus 11.3(1977): 35-39. Mowatセンサー [4] Dodds, A. G. 1981. The Nottingham Obstacle Detector: Development and Evaluation. Journal of Visual Impairment and Blindness 75.5: 203-9. ノッティンガム障害物検出器 [5] Heyes et al. 1984. The Sonic Pathfinder: A New Electronic Travel Aid. Journal of Visual Impairment and Blindness 78.5: 200-2. 新しい電子旅行エイド。視覚障害と失明のジャーナル [6] McDaniel et al. 2009. Using tactile rhythm to convey interpersonal distances to individuals who are blind. In CHI'09 Extended Abstracts. ACM. 盲目の人に対人距離を伝えるための触覚リズムの使用 [7] Pielot et al. 2010. PocketNavigator: vibro-tactile waypoint navigation for everyday mobile devices. In Proceedings of the 12th international conference on HCI with mobile devices and services. ACM, 2010. 日常のモバイルデバイス用の振動触覚ウェイポイントナビゲーション [8] Azenkot et al. 2011. Smartphone haptic feedback for nonvisual wayfinding. In proceedings of the 13th international ACM SIGACCESS conference on Computers and accessibility. ACM, 2011. 非視覚的な経路探索のためのスマートフォンの触覚フィードバック [9] Lanigan, Patrick E., et al. 2006. Trinetra: assistive technologies for the blind. CyLab (2006): 51. 盲人のための支援技術 [10] Noor et al. 2009. Bus detection device for the blind using RFID application. Signal Processing & Its Applications, 2009. RFIDを利用した視覚障害者用バス検知装置。信号処理とその応用 [11] Korean Blind Union, Case study of facilities for blinded people’s safe walking environment –Crosswalks, 2011, Retrieved June 23, 2015 from Korea Blind Union Facility & Assistive Technology Center:http://www.kbufac.or.kr/DataTech/DownLoad/22?preFix=file&pos=1 盲人の安全な歩行環境のための施設の事例研究

Perceived Distance from Hitting with a Stick Is Altered by Overlapping Vibration to Holding Hand

スティックを叩いてから手を握って振動を重ねることで知覚される距離が変化する

https://dl.acm.org/citation.cfm?id=2581244

Abstract Distance perception by hitting with a holding stick is quite important for the people with visual impairments who daily use white cane. If the mechanism of this perception is well understood, it can be applied for the development of more intuitive and simple electric white cane consisting of a range sensor and a haptic display.

杖でたたくことによる抽象的距離知覚は、 日常的に白い杖を使う視覚障害者にとって非常に重要です。 この知覚のメカニズムがよく理解されているならば、 それは距離センサーと触覚ディスプレイからなる より直感的で簡単な電気白杖の開発に適用することができます。

A hypothetical mechanical model of a stick and a holding palm told us that hitting at a closer point should induce a stronger vibration at thumb side of the palm, and percussing a farther point should induce equally distributed vibrations in the palm.

スティックと持ち手のひらの仮定の力学的モデルは、 より近い点で叩くと手のひらの親指側でより強い振動を引き起こし、 より遠い点を打つと手のひらで均等に分散された振動を引き起こすべき であると私たちに話しました。

To verify if this vibration distribution plays role in the distance perception, we conducted an experiment that superimpose vibration to the real vibration while percussing, to change the center of gravity of vibration. The experimental results showed that adding vibration to the thumb side shortened the perceived collision distance than adding vibration to the little-finger side, which partly agrees with our hypothetical model.

この振動分布が距離知覚において役割を果たすかどうかを確かめるために、 振動の重心を変えるために、打撃しながら振動を実際の振動に重ね合わせる実験を行った。 実験結果は、親指側に振動を加えることが小指側に振動を加えることよりも知覚される 衝突距離を短縮することを示し、これは部分的に我々の仮定のモデルと一致する。 [1] P. Vera et al。、スマートフォンベースの仮想白杖。 [2] H. Y. SolomonとM. T. Turvey、手持ち式の物体で到達可能な距離を触覚的に知覚する。実験心理学のジャーナル:人間の知覚とパフォーマンス、14(3):404 - 427、1988。[3] J. J.ギブソン、知覚システムとして考えられている感覚。 Houghton Mifflin、イギリス、オックスフォード、1966年。[4] K. Minizizawa他、Gravity grabber:仮想の質量感覚を表現するための装着型触覚ディスプレイ。 ProcでSIGGRAPH2007。[5] T.-C.ちゃん。ロッド長さの触覚知覚に対する密度と直径の影響Perception&Psychophysics、57(6):778–786、1995。[6] C. Carello et al。、動的タッチによる知覚における慣性固有値、ロッド密度、およびロッド直径の長さ。 Perception&Psychophysics、60(1):89-100、1998。[7] K. Idsart et al。、見えないハンドヘルドロッドの長さと重さの知覚に関連する機械的不変量はどれですか。慣性テンソル仮説の検証実験心理学ジャーナル:人間の知覚とパフォーマンス、30(2):346−354、2004。[8] C.Carelloら、スイートスポットの知覚。 Perception、28(3):307-320、1999。[9] H.-Y.ヤオとV.ヘイワード。仮想ローリングストーンを用いた長さ知覚に関する実験ProcでEurohaptics 2006、325-330。 [10] W.FeliciaおよびJ.S.Zeelk。長い白い杖から触覚と慣性パターン。 ProcでBiomedical Robotics and Biomechatronics 2006、519-524。 [11] J. Sreng et al。、空間化ハプティックレンダリング:振動を用いた6自由度ハプティックシミュレーションにおける衝撃位置情報の提供。 Procでバーチャルリアリティ会議2009、3−9。 [12] G. Bekesy。皮膚に沿って、および蝸牛の内有毛細胞と外有毛細胞との間の神経漏斗。アメリカの音響学会誌、31(9):1236–1249、1959。[13] C. Carello他、音による物体の長さの知覚。 Psychological Science、9(3):211–214、1998。

REFERENCES [1] P. Vera et al., A smartphone-based virtual white cane. Pattern Analysis and Applications, 2013. スマートフォンベースの仮想白杖 [2] H. Y. Solomon and M. T. Turvey, Haptically perceiving the distances reachable with handheld objects. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 14(3):404–427, 1988. 手持ち式の物体で到達可能な距離を触覚的に知覚する [3] J. J. Gibson, The Senses Considered as Perceptual Systems. Houghton Mifflin, Oxford, UK, 1966. 知覚システムとして考えられている感覚 [4] K. Minamizawa et al., Gravity grabber: wearable haptic display to present virtual mass sensation. In Proc. SIGGRAPH 2007. 仮想の質量感覚を表現するための装着型触覚ディスプレイ [5] T.-C. Chan. The effect of density and diameter on haptic perception of rod length. Perception & Psychophysics, 57(6):778–786, 1995. ロッド長さの触覚知覚に対する密度と直径の影響 [6] C. Carello et al., Inertial eigenvalues, rod density, and rod diameter in length perception by dynamic touch. Perception & Psychophysics, 60(1):89–100, 1998. 動的タッチによる知覚における慣性固有値、ロッド密度、およびロッド直径の長さ [7] K. Idsart et al., Which mechanical invariants are associated with the perception of length and heaviness of a nonvisible handheld rod? Testing the inertia tensor hypothesis. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 30(2):346-354, 2004. 見えないハンドヘルドロッドの長さと重さの知覚に関連する機械的不変量はどれですか。慣性テンソル仮説の検証実験心理学ジャーナル:人間の知覚とパフォーマンス [8] C. Carello et al., Perceiving the sweet spot. Perception, 28(3):307–320, 1999. スイートスポットの知覚 [9] H.-Y. Yao and V. Hayward. An experiment on length perception with a virtual rolling stone. In Proc. Eurohaptics 2006, 325–330. 仮想ローリングストーンを用いた長さ知覚に関する実験 [10] W. Felicia and J. S. Zelek. Tactile & inertial patterns from a long white cane. In Proc. Biomedical Robotics and Biomechatronics 2006, 519–524. 長い白い杖から触覚と慣性パターン [11] J. Sreng et al., Spatialized haptic rendering: Providing impact position information in 6DOF haptic simulations using vibrations. In Proc. Virtual Reality Conference 2009, 3-9. 振動を用いた6自由度ハプティックシミュレーションにおける衝撃位置情報の提供 [12] G. Bekesy. Neural funneling along the skin and between the inner and outer hair cells of the cochlea. Journal of the Acoustical Society of America, 31(9):1236–1249, 1959. 皮膚に沿って、および蝸牛の内有毛細胞と外有毛細胞との間の神経漏斗 [13] C. Carello et al., Perception of object length by sound. Psychological Science, 9(3):211–214, 1998. 音による物体の長さの知覚。

Enabling People with Visual Impairments to Navigate Virtual Reality with a Haptic and Auditory Cane Simulation

触覚と聴覚の杖シミュレーションを用いた視覚障害者のバーチャルリアリティの誘導 * https://dl.acm.org/citation.cfm?id=3173690 ABSTRACT Traditional virtual reality (VR) mainly focuses on visual feedback, which is not accessible for people with visual impairments. We created Canetroller, a haptic cane controller that simulates white cane interactions, enabling people with visual impairments to navigate a virtual environment by transferring their cane skills into the virtual world.

  • 従来のバーチャルリアリティVR)は主に視覚的なフィードバックに焦点を当てていますが、 視覚障害のある人には利用できません。 私たちは、白い杖の相互作用をシミュレートする触覚杖コントローラーであるCanetrollerを作成しました。 これにより、視覚障害のある人が杖のスキルを仮想世界に移すことで仮想環境をナビゲートできるようになりました。

Canetroller provides three types of feedback: (1) physical resistance generated by a wearable programmable brake mechanism that physically impedes the controller when the virtual cane comes in contact with a virtual object; (2) vibrotactile feedback that simulates the vibrations when a cane hits an object or touches and drags across various surfaces; and (3) spatial 3D auditory feedback simulating the sound of real-world cane interactions. We designed indoor and outdoor VR scenes to evaluate the effectiveness of our controller.

Canetrollerは、3種類のフィードバックを提供します。 (1)仮想の杖が仮想の物体に接触したときにコントローラーを物理的に妨げるウェアラブルプログラマブル・ブレーキ機構によって発生する物理的抵抗。 (2)杖が物体に当たったり、様々な表面に触れたり、ドラッグしたりしたときの振動をシミュレートする振動触覚フィードバック。 (3)現実世界の杖の相互作用の音をシミュレートする空間3D聴覚フィードバック。

Our study showed that Canetroller was a promising tool that enabled visually impaired participants to navigate different virtual spaces. We discuss potential applications supported by Canetroller ranging from entertainment to mobility training.

私達は私達のコントローラーの有効性を評価するために屋内と屋外のVRシーンをデザインしました。 我々の研究は、Canetrollerが視覚障害のある参加者が異なる仮想空間をナビゲートすることを可能にする有望なツールであることを示しました。 私達は娯楽から移動訓練まで及ぶCanetrollerによって支えられる潜在的な適用を論議する。

Interactive mixed reality white cane simulation for the training of the blind and the visually impaired

盲人および視覚障害者の訓練のための対話型複合現実感ホワイトステッキシミュレーション

https://dl.acm.org/citation.cfm?id=1466674

Abstract This paper presents a mixed reality tool developed for the training of the visually impaired based on haptic and auditory feedback. The proposed approach focuses on the development of a highly interactive and extensible Haptic Mixed Reality training system that allows visually impaired to navigate into real size Virtual Reality environments. The system is based on the use of the CyberGraspTM haptic device. An efficient collision detection algorithm based on superquadrics is also integrated into the system so as to allow real time collision detection in complex environments. A set of evaluation tests is designed in order to identify the importance of haptic, auditory and multimodal feedback and to compare the MR cane against the existing Virtual Reality cane simulation system.

この論文は、触覚と聴覚のフィードバックに基づいて視覚障害者の訓練のために開発された複合現実感ツールを提示した。 提案されたアプローチは、視覚障害者が実サイズのバーチャルリアリティ環境にナビゲートすることを可能にする 非常にインタラクティブで拡張可能なハプティック複合現実感トレーニングシステムの開発に焦点を合わせる。 このシステムは、Cyber​​GraspTMハプティックデバイスの使用に基づいています。 スーパークアドリックに基づく効率的な衝突検出アルゴリズムもシステムに統合されているため、複雑な環境でもリアルタイムの衝突検出が可能です。 ハプティック、聴覚およびマルチモーダルフィードバックの重要性を識別し、MRケーンを既存のバーチャルリアリティケーンシミュレーションシステムと比較するために、 一連の評価テストが設計されています。

TOC

[TOC]

TODO

  • (2019/4/30) Install Python and PyTorch in OWZ-PC
  • (2019/4/30) Study Udemy and PyTorch books
  • (2019/4/30) Get Database of CW.wav
  • (2019/5/01) Study theory of speqch recognation
  • (2019/5/05) Present opencw-model in SNS
  • (2019/5/12) Present opencw-sample in Mailing

    setup Python

  • install Anaconda (site: https://www.anaconda.com/distribution/)
  • cmd conda create -n torch python=3.7: create conda env
  • cmd conda activate torch: activate the created environment
  • cmd conda install -c anaconda vs2017_win-64Visual Studio 2017
  • cmd pip install numpy: install numpy
  • cmd pip install pip install ipython install ipython to create sha_key
  • cmd ipyhton => from IPython.lib import passwd;passwd()create sha_key
  • fix /notebook_config.py (ref: https://qiita.com/Miggy/items/5466a2c1e968602f3ebe)
    • from jupyter_core.paths import jupyter_config_dir, jupyter_data_dir
    • import os.path, sys
    • sys.path.append(os.path.join(jupyter_data_dir(), 'extensions'))
    • c = get_config()
  • cmd jupyter notebookand ssh C:\Program Files (x86)\CyberLink\PowerDVD12\Common\Koan

setup CUDA

Databaseで, 特定のTableのみをリセットする...

[問題] Tableをリセット

  • DjangoはModelを変更すると, 以前に作ったObjectに新しく作った要素がないと, エラーを出される.
  • なので, psqldrop database [prj_name]db;からDatabaseごとリセット
  • しかし, UserのTableもリセットされるのでいちいちcreatesuperuserする必要
  • なので, Tableごとにリセットする方法を考える

    [試行錯誤]

  • cmd psql -U postgres -d [prj_name]db
  • drop table [table_name]
  • => django.db.utils.ProgrammingError: リレーション"[table_name]"は存在しません
  • cmd python manage.py sqlmigrate app_note 0001_initial
  • =>
CREATE TABLE 
"app_note_notemodel" ("id" serial NOT NULL PRIMARY KEY, 
"posted_tag" varchar(255) NULL, 
"posted_head" varchar(255) NULL, 
"posted_text" text NOT NULL, 
"posted_time" timestamp with time zone NOT NULL, 
"update_tag" varchar(255) NULL, 
"update_head" varchar(255) NULL, 
"update_text" text NOT NULL, 
"update_time" timestamp with time zone NOT NULL, 
"posted_user_id" integer NULL);
ALTER TABLE 
"app_note_notemodel" ADD CONSTRAINT (制約を追加)
"app_note_notemodel_posted_user_id_38a8d29c_fk_auth_user_id" FOREIGN KEY ("posted_user_id") REFERENCES 
"auth_user" ("id") DEFERRABLE INITIALLY DEFERRED;
CREATE INDEX 
"app_note_notemodel_posted_user_id_38a8d29c" ON 
"app_note_notemodel" ("posted_user_id");
COMMIT;
  • => psqlで確認しても, Tableは生成されなかった
  • python manage.py sqlsequencereset app_note
  • =>
BEGIN;
SELECT setval(pg_get_serial_sequence('"app_note_notemodel"','id'), coalesce(max("id"), 1), max("id") IS NOT null) FROM "app_note_notemodel";
COMMIT; 
  *  => psqlで確認しても, Tableは生成されなかった

[解決]

  • cmd psql -U postgres [if select database] -d [db_name]db and login
  • sql drop table [table_name]; => \d => \q(最後に;を必ず入れる)
  • rid migrasions and cmd python manage.py makemigrations
  • cmd python manage.py migrate --fake app_name zero
  • cmd python manage.py mgrate

[参考]

  • django-admin and manage.py | Django documentation | Django makemigrations
  • django-admin makemigrations [app_label [app_label ...]]
  • モデルに対して検出された変更に基づいて新しい移行を作成
  • 引数としてアプリ名を指定すると作成される移行が指定されたアプリと必要な依存関係に制限
  • --noinput, --no-inputすべてのユーザープロンプトを抑制
  • --empty指定されたアプリの空の移行を出力.使用しないでください。
  • --dry-runディスクに書き込まずに、どのようなマイグレーションが行われるのかを示します
  • --merge移行の競合を修正します
  • --name NAME, -n NAME 生成された移行に名前を付けることを許可
  • --no-headerタイムスタンプヘッダなしで移行ファイルを生成
  • --check移行せずモデルの変更が検出された場合、ゼロ以外の状態で終了 migrate
  • django-admin migrate [app_label] [migration_name]
  • データベースの状態を現在のモデルと移行のセットと同期.
  • 引数としてアプリ名を指定すると, 指定されたアプリは最新の移行まで、移行が実行されています
  • 引数としてmigration名を指定すると, 指定されたマイグレーションが適用される状態にします
    • 同じアプリケーション内のそれ以降のマイグレーションは適用されません。
    • zeroを使用して、アプリのすべての移行を適用解除します
  • --database DATABASE移行するデータベースを指定.デフォルトはdefault.
  • --fakeSQLを実行せずに、移行を適用済みとしてターゲット移行までマーク
  • --fake-initialデータベーステーブルが存在する場合最初の移行をスキップすることを許可
    • 以前にmigtationしていたデータベースに対して初めてmigrationするときに使用することを目的
    • 一致するテーブル名を超えて一致するデータベーススキーマをチェックしない
    • 既存のスキーマが最初の移行で記録されたものと一致すると確信できる場合にのみ使用する
  • --plan実行される移行操作を表示
  • --run-syncdb移行なしでアプリ用のテーブルを作成
  • --noinput, --no-inputすべてのユーザープロンプトを抑制 inspectdb
  • django-admin inspectdb [table [table ...]]
  • AME設定によってポイントされたデータベース内のデータベーステーブルを調べ、
  • models.py 標準出力にDjangoモデルモジュール(ファイル)を出力
  • --include-viewsオプションが使用されている場合にのみモデルがビューに対して作成
  • --include-partitionsオプションが使用されている場合、PostgreSQL上に作成
  • 実行したら、生成されたモデルを自分で調べてカスタマイズを行います
  • defaultaがモデルフィールドに指定されている場合、データベースのデフォルトを作成しません
  • デフォルトでinspectdbは、管理されていないモデルを作成
  • つまり 、モデルのクラスでは、Djangoに各テーブルの作成、変更、削除を管理しないように指示
  • --include-viewsモデルはマテリアライズドビューに対して作成されます 。
  • --include-partitionsモデルはパーティションテーブルに対して作成 されます。
  • --database DATABASEイントロスペクトするデータベースを指定
  • --include-partitionsモデルはパーティション用にも作成 sqlmigrate
  • django-admin sqlmigrate app_label migration_name
  • 指定されたマイグレーションSQLをprintします。
  • これには、アクティブデータベース接続が必要
  • 後で適用したいデータベースのコピーに対してSQLを生成する必要
  • --backwards: 移行を適用しないためのSQLを生成し
  • --database DATABASESQLを生成するデータベースを指定.デフォルトはdefault sqlsequencereset
  • django-admin sqlsequencereset app_label [app_label ...]
  • 指定されたアプリ名のシーケンスをリセットするためのSQLステートメントをprintします。
  • シーケンスは、自動的にインクリメントされるフィールドで次に利用可能な数を追跡するために一部のデータベースエンジンによって使用されるインデックス
  • シーケンスが自動的に増分されるフィールドデータと同期していない場合を修正するSQLを生成
  • --database DATABASE: SQLを印刷するデータベースを指定 squashmigrations
  • django-admin squashmigrations app_label [start_migration_name]
  • マイグレーションをapp_label最大でmigration_name 少数のマイグレーションに縮小

    [参考]Django 1.8から移行してもテーブルが作成されない

  • https://stackoverflow.com/questions/33086444/django-1-8-migrate-is-not-creating-tables
  • migrateを実行した後、私のmodels.pyからデータベースにテーブルは作成されません
  • django_sessionなどから他のテーブルを作成することができます
  • makemigrations それでマイグレーションファイルを作成することができます
  • 結局うまくいったのはpython manage.py migrate --fake myappname zero
  • => すべての移行がリセットされます0番目の状態になります)
  • python manage.py migrate myappname: テーブルを作りました。
  • 移行番号0005(正常に機能した最後の移行)に言う場合は、代わりにこれを実行できます。
  • python manage.py migrate --fake myappname 0005
  • [方法2]私は解決策を見つけました.
  • 1)delete all the files in your migrations folder except init.py
  • 2)drop database
  • 3)create database
  • 4)python makemigrations
  • 5)python migrate
  • or python manage.py reset_db
  • 1つのアプリだけが問題を抱えている、ドロップデータベースは良い方法ではありません
  • [方法3]
  • python manage.py makemigrations {{ app_name }}
  • python manage.py migrate --fake-initial
  • Djangoはそれらのテーブルがすべてデータベースに存在することを確認し
  • 存在する場合は移行を偽造

気づくとPCで増殖しているランキング

1.Bash

2.Python.dll

3.TeX

  • Mik Tex...Jupyter 用に
  • Tex Live...? ? ?
  • ...AtomのPackageで入った? ?

Atom の M↓

Macroを定義

  • [手順1] ./user/.atom/markdown-preview-plus.csonを開く
  • 説明通りに関数を定義する

関数

inv: ["{\\frac{1}{#1}}",1]

[参考]math.md

  • user/.atom/packages/markdown-preview-plus/docs/math.mdより Macros
  • MPP supports persistent macro definitions. Macros belong in ~/.atom/markdown-preview-plus.cson and are defined as follows.
  • (MPPは永続的なマクロ定義をサポートしています。マクロは〜/ .atom / markdown-preview-plus.csonに属し、次のように定義されています。)
  • Zero argument macros
  • To define a macro that takes no arguments (like \sin) just wrap it in quotes like so
  • マクロ定義の構文ゼロ引数マクロ引数を取らないマクロ(\ sinのような)を定義するには引用符で囲むだけです。
# This is just an alias for \theta.
th: "\\theta"

1-9 argument macros * To define a macro that takes arguments (like \frac), use an array that specifies the number of arguments allowed. * (マクロ引数をとるマクロ(\ fracなど)を定義するには、許可される引数の数を指定する配列を使用します。) * Then refer to the arguments as #1 #2 like so: * (それから#1#2と引数を参照してください。)

# This one gives you "1 over something" as a fraction.
inv: ["\\frac{1}{#1}",1]
# This one gives you a fraction with nicely typeset parentheses on either side.
pfrac: ["\\left(\\frac{#1}{#2}\\right)",2]

Macro Names * Macros need to be named with either * (マクロは、\のような1文字の英数字以外の文字、または任意の数の大文字で指定する必要があります。) * a single non-alphanumeric character like \, or(単一の非英数字) * any number of uppercase and lowercase letters (no numbers).(任意の数の大文字と小文字) * Note that since we define the objects in CSON, if you want to use a single non-alphanumeric character for the name of your macro like !: "{OK}" * ( CSONでオブジェクトを定義しているので、マクロの名前に単一の英数字以外の文字を使用したい場合、!: "{OK}"のようにMPPは失敗します。CSONは予期しないエラーをスローします。構文エラー。) * MPP will fail because CSON will throw an unexpected ! syntax error. So be sure to write such definitions as a string. The following will work fine:'!': "{OK}" * (したがって、そのような定義は必ず文字列として書いてください。以下はうまくいきます: '!': "{OK}")

[参考]

  • http://docs.mathjax.org/en/latest/tex.html#defining-tex-macros TeXマクロを定義する
    • あなたは使用することができる
    • \def、\newcommand、\renewcommand、 \newenvironment、\renewenvironment、および\let
    • 独自のマクロや環境を作成するためのコマンド
    • MathJaxがそのような定義を処理するには、それらを数学の区切り記号で囲む必要
    • 設定のTeXブロックのMacrosセクションにマクロ定義を含める => JavaScriptオブジェクトとして表す必要
\(
   \def\RR{{\bf R}}
   \def\bold#1{{\bf #1}}
\)
  • 名前は定義している制御シーケンスの名前(バックスラッシュなし)
  • valueはマクロの置換文字列(引数がない場合)または置換文字列とそれに続くマクロの引数の数
  • およびオプションでオプションの引数のデフォルト値からなる配列
  • 置換文字列はJavaScriptの文字列リテラルとして与えられ
  • バックスラッシュはJavaScriptの文字列において特別な意味 => \\

Jupyter の M↓

  • TODO
  • 作成したコード
  • 結果
  • [問題] 中括弧間の式の計算とLaTeX方程式のレンダリングが非同期的
  • [参考]Python Markdown
  • [参考][作業効率化] Jupyterの拡張機能を全部調べてみた
  • Jupyter Notebook to Markdown
  • [参考]Jupyter Notebook (IPython) でスクリプトをPDF出力できないときの解決策【プログラミング】
  • [問題]日本語出力されない(MikTexの日本語対応)
  • [参考]Jupyter nbconvert(ファイル変換)メモ
  • [参考]よくある質問 †
  • [参考]
  • [問題]PandasのDaraFrameが表示されない
  • [参考]
  • [参考]
  • [参考]
  • [参考]
続きを読む

heroku server error

[問題]

ProgrammingError at /p5/
relation "app_p5_p5model" does not exist
LINE 1: ...posted_time", "app_p5_p5model"."update_time" FROM "app_p5_p5...

[解決]local.pyを削除し, push

  • git rm --cached mysite/settings.py
  • pushし, heroku run python manage.py migrate --settings ocw.settings.heroku

[参考]DJANGO GIRLS TUTORIALでMIGRATEできない

  • http://kzlog.picoaccel.com/post-980/
  • heroku run python manage.py migrateは成功するが
  • heroku run python manage.py createsuperuserがエラー
  • auth_nameが無い.no such table
  • local_settings.pyがあればローカルのSqlite3を使い、herokuにはPostgreSQLを使う
  • .gitignoreで指定できなかったためデータベースとしてSqlite3が使われることに
  • git rm --cached mysite/local_settings.py git commit -m "Deleted remote local_settings.py." git push heroku master